カードローンは総量規制対象外?

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの大きな違いは、総量規制の対象になるのか、それともカードローン借り換えも総量規制対象外になるのかで大きな違いがあります。
「総量規制で制限されること」
総量規制とは、2010年の貸金業法の改正で総量規制が完全施行になり、消費者金融が融資するときの上限を決めたもので、融資限度額は年収の3分の1以内に制限されました。
この法律は、過去において消費者金融の融資限度額が決まっていなかったことから貸せる人にはいくらでも貸すということを続けたため、返済を考えずに借り入れをした消費者は返済に行き詰まり、返済のために新たな借入をするといった自転車操業を繰り返したため返済が続けられなくなってしまい、夜逃げや破産宣告をするといったことが急激に増えたことから、金融庁が貸金業法の改正をおこない、過剰貸出しを抑えるためにその中で消費者金融の融資限度額を決めたものです。
「消費者金融は総量規制を守らなければならない」
この法律は貸金業法とあるように、消費者金融が守らなければならない法律で、違反すれば消費者金融は法律で厳しく罰せられるようになっています。
たとえば、申込をする際、借入希望額が50万円をこえる場合や、他社で借入が有るときはその借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえる場合は、収入証明書類にあたる源泉徴収票や納税証明書、直近の給与明細書の提出を求め、年収の3分の1を超えていないの確認をしなければならないことになっています。
ただ、すべてが総量規制の適用を受けるのではなく、「おまとめローン」や「事業者ローン」などは規制の対象外になっています。
「銀行カードローンは総量規制対象外」
銀行は銀行法が適用され、それに基づいて事業をおこなっていますので貸金業法は適用されないので、総量規制の制限を受けることがありません。
ですから、銀行カードローンそれぞれが独自の審査基準を設け、その基準でお金を貸すので年収による制限がなく、審査で貸してもよいと判断すれば年収の3分の1にとらわれることなく融資ができます。
また、年収に影響を受けないことから最大融資限度額が1,000万円といった大口融資も可能なカードローンもあります。
主婦にとってうれしいのは、収入のない専業主婦が消費者金融でキャッシングを申込むときは配偶者の名義になり、本人名義でお金が借りられません。
しかし、銀行カードローンは無収入の専業主婦でも個人名義で申込ができるということから主婦の間でもカードローンは定評があります。
このように銀行カードローンは多くのメリットが有るので、キャッシングを考えるときは候補のひとつとして考えてみてはどうでしょうか。

キャッシングの審査を受ける

キャッシングを利用しようとするうえで、どうしても越えなければいけない壁。
それが審査です。
残念ながら、キャッシングは誰でも利用できるわけではありません。
厳しい審査に合格した方だけが晴れて利用できるのです。
キャッシングの審査とは、申込者の返済能力を判断することです。
会社側としては、貸したお金が確実に返ってこないと困るわけです。
それは、会社にとっては費用負担が発生することにつながります。
キャッシング会社も一つの企業であることには変わりありません。
利益を増やすために、誰にでもお金を貸していたのでは、貸倒が発生して営業自体が成り立たないことになるのです。
キャッシングの商品案内には、利用できる方としてよく次のような表現がされています。
「20歳以上65歳未満の、安定した収入があり、当社の審査基準に合格した方」
このうち年齢については、ある程度想像できるでしょう。
安定した収入というのもなんとなく分かるのではないでしょうか。
それでは「当社の審査基準」についてはどうでしょうか。
非常にあいまいで困惑する方もいらっしゃるのではないでしょうか。
キャッシングの審査基準は、各社によって異なっています。
申込者の条件次第で、借りることのできる先もあれば、借りることのできない先もあるのです。
申込者は、その審査基準を具体的に知ることができません。
「年収が○○円以上あれば、確実に審査に合格できる」とは限らないことが難しいところです。
しかし、キャッシングの審査が申込者の返済能力を判断することであることから、常識の範囲内である程度予想することは可能ではないでしょうか。
大まかにいってみると次のようなポイントが浮かんできます。
○返済可能な収入があるかどうか。
借入金額と毎月の返済に応じた収入が無ければ返済を行うことができません。
冒頭の商品案内でも「安定した収入」が求められています。
「安定した収入」とは、毎月定期的に入ってくる収入のことです。
株式売買やギャンブルで成功した収入が安定しているとはいえないことは、想像できるでしょう。
○安定した勤務を行っているか。
「安定した収入」は「安定した勤務状況」から生まれてくるものです。
定職についていないと、収入が安定していることはないでしょう。
ここでは勤続年数も問題とされます。
定職=勤続年数の長さという考えが思いつくのではないでしょうか。
○他社の借入状況はどうか。
他の先で多くの借入を行っている状況では、その分返済負担も大きいということです。
前に説明した「総量規制」の関係もあり、他社の借入は厳しくチェックされます。
借入残高だけでなく、その返済状況も問題です。
他社の借入に返済の遅れがある方が、新たに借入してもきちんと返済できるわけがありません。
他にも審査では総合的な視点から、返済能力が判断されます。
どれか一つでも不足していると審査に合格できる可能性が少なくなります。
これらの厳しい審査に合格できなければ、キャッシングを利用することはできません。
街中では「無審査でお貸しします」「誰でも融資」といった広告や宣伝を行っている業者も存在します。
このような甘い誘いには決してのってはいけません。
お金を貸す代わりに、高い金利を吹っ掛けられます。
いわゆる「闇金」の可能性が高い先ですので十分に注意しましょう。